プロフィール

othelloclub

Author:othelloclub
名門(迷門?)麻布学園オセロ部の活動報告書です
是非コメントしていってください!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいたまオープン

栗原です。
もう2週間も前のことですが、結果がアップされたので一応書いときます。

前の千葉オープンの時と同じく試験前でしたが、スピードウェーブ目当てで行きました。1日勉強できる日はここしかなかったのにw その割に試験は死にませんでした。
案の定参加したのは僕だけでした。

結果です。

さいたまオープン   32人参加

栗原 3勝3敗 20位  
スピードウェーブトーナメント  16人参加  ベスト4

レベルの高い大会でした。
始めは3連勝と調子が良くて、昇段できる!って思ってたんですが、その後3連敗・・・
S藤五段と 優勝したK倉五段と 村上先生なので仕方ないと言えばそうなのですが、あと1回勝ちたかった・・・
でもどの試合も終盤入った時はどうしようもない感じだったんですけどね。

そして本当に悔しいのはこっちですよ!スピードウェーブ!もう優勝する気満々でした。
これはオセロ盤並べられた64個の石を出来るだけ早く返す。というゲームです。正確に石を返すのがコツです。(僕はそう思ってる)

 1回戦・2回戦は難なく勝てて、今大会のベストタイム (たしか20秒か22秒) も出しました。  
そして準決勝でスピードウェーブ現世界チャンピオンのS國九段とあたりました。
速い!(そりゃそうだ) 僕より返すのは速いけど、タイムは僕の方が早いと思いました。
えっとどういうことかと言いますと、僕を含め多くの人は1列返したら、往復しながらもう1列返すんですよ。つまり右から左、左から右。これの繰り返しです。
 しかしS國九段は、右から左の一方通行なんです!普通ならこの返し方は一列返すたびに手を右に戻して来なければならないため、上の返し方に比べタイムロスが多くそれほど良いタイムは出ません。が、そのタイムロスをもねじ伏せる返す速さ。1回戦・2回戦のタイムも23秒あたりでした。それでも勝てない相手ではない、というかタイムは僕の方が良い!と思っていました。

 だがいざ試合の前になると、すごい緊張が襲って来た。これから世界チャンピオンに挑むことへの。僕の方が返すのは早いと自らに言い聞かせた。
そして審判の「よーいスタート!」という言葉とともに試合が始まる!
しかし始まってすぐに気づいた。試合中、僕が相手の情報で得られるのは「音」だけだと。「音」で相手の状況を判断するということを。ならばS國九段から聞こえる「音」は?
ー石の返す音ー
返すのが速い。ということは「音」も速いだろう。
そう思った刹那。となりからは僕の2倍の速さはあるだろう返す音が聞こえてきた。見れないだけに焦る。焦る。汗る。僕には往復分の時間の余裕があるはずなのに速く返そうとする。僕は始まる前から「相手より返すのは早い」と言っていたのに速く返そうとする。あわてる。震える。すべる。-石が返せない。そして僕は負けた。

というわけで優勝できませんでしたw わけの分からない御託を並べましたがようするにメンタルが弱いってことですw
(文章nisioを意識したんですけどどうでしょうか?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://othelloclub.blog100.fc2.com/tb.php/223-8cecb46d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。