プロフィール

Author:othelloclub
名門(迷門?)麻布学園オセロ部の活動報告書です
是非コメントしていってください!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ネットオセロ

なぜか部内でネットオセロが流行り始めました。
せっかくなので僕もここ一週間くらいやっているのですが

うそっ・・・私の時短弱すぎ!?

回線の問題もあることにはあるのですが、それ以上に言い訳できないくらい盤面がおひどいw
上位層はソフト打ちの存在もあって時短しかやってないんでもはや勝てる気がしないです。100先とか言ってる場合じゃなかった。
他の部員も見た感じでは、現役オセロ部員はやたら時短に弱い気がします。



というわけで
もしかしたら合宿のブリッツが1日分増えるかも。というかペアオセロ以外なにやってたか忘れちゃいました。
スポンサーサイト

解答

問題図 黒番

たぬQ

右下5個空きは保存できない(h4に打つと崩れる)ことを読んで右上の4+1個空きを保存する方針になります。
しかし現状だとh6で斜めの石が返るため、こちらも保存することができません。そこで重要になるのが左上の空きを処理してd2の石を白にしておくことです。b2a1b1a2h7と進めます。

つづき

ここで白にg7と打たれると逆偶数にまとめられないように見えますがg1が好手。白にh1の隅を取らせることでc1の石が白くなり、黒h6で斜めが返らなくなります。以下○h8●g8●h4●h2●g2で黒勝ちになります。
なので白はg7には打たずにh6とはまらなくてはならず。以下g7h8g8パスh4・・・で逆偶数で引き分けになります。

h6を狙うために左上の交換をすることに気がつけば一本道できれいにまとまる良問だったと思います。小林さんありがとうございました。

ちなみにぼくは問題図からg2h2h6で必勝とドヤ顔で即答したのですがg2h2a2b2a1b2h2と左上を埋められるとc1が黒くなり負けます。まだまだ甘いですね。


>>はせらさん
ほとんど正解ですが一応主題としてはh7の後白g7が打てないということが言いたかったと思われます。出題者じゃないので不確かですが・・・


問題+対抗戦5

黒番

たぬQ

小林初段からの出題。最善で分けです。
ヒントはコメに書きます。ちなみに長野は2手進めてようやくわかりました。


たいこう5

黒が明石四段で白が長野。book知ってる人にとっては31手目までは普通なはずです。32手目は変化したっていうより18手目でbook切れをおこした長野が間違えただけです。最善はf8で引き分け形勢らしいですが、f8g5c8c7b8g6f7d8e8b1(見にくくてすいません)がいやな気がして却下しました。この進行は偶数でまとめて白有利らしいです。覚えておこう・・・

以下見どころもあまりないのですが、37手目はg6の方がいやだと思っていて、実際こちらの方が少し評価も良いみたいです。この手を境にお互い石損をしまくって43手目のb7が決定的な悪手でした。ここはh6が最善で偶数ながらも黒がゴリゴリ稼いで2石ほど足りています。僕は偶数になれば足りると安易な考えで打っていたあたりに終盤のお弱さが見えてしまいますね。どうも白持つと終盤下手になってしまいます。

だいぶ遅くなりますが、GOROの方々との対抗戦は貴重な経験になりました。ありがとうございました。

夏休み

期末試験終わった!(掛詞)

というわけで部活は月水金13時から17時まで
合宿は8月6日から10日まで。
打ち上げは奇跡的な日程のかみ合わなさなんで決めるまでちょっと時間ください。



以下最近のオセロ部について雑記

まず金子と本間は昇級おめでとう。田坂は意外にも残念でしたがそういうこともあるでしょう。
まぁ3人は早く昇段しちゃってください。
他の部員は文化祭も終わってかモチべ落ちてる感じがあるけど、合宿もあるんでそこまでにやる気を出そうw

文化祭前に少し言った新入生のためのテンプレbook集は正直僕より他の部員の方が詳しいことが判明したのでやめました。でもほんとはめんどくさくなっただけです。

金子に言われたネットオセロは2分持ちを確定落ちする神回線と、確認したら唯一の垢がレート1210っていうギガドレイン状態で気まずいんで遠慮しておきます。

最近後輩に追いつかれてる感がすごいんで夏合宿はがんばって対部員で全勝したいと思ってます。1日目とかで終わりそうだけど。

明石さんとの試合は賞味期限アウトな気がするけど無視して更新すると思う。タブンネ。



いよいよ楽しい夏休みスタート!明日から学校の講習!

対抗戦4

本題の前に、本日の交流戦おつかれさまでした。たびたびご協力いただいたGOROのみなさま本当にありがとうございました。
試合数は少なかったものの充実したものになってよかったです。結果の方も麻布生はだいぶがんばってたんではないでしょうか。

では対抗戦4回
戦。田坂くんvs明石四段です。針落ちで決着になってしまいましたが面白い試合でした。

tasaka akasi

麻布の田坂が白でした。燕(左下にはNo-Catってでてきた)からのスタート。田坂は猫定石が大好きな金子くんを対策してこの展開を暗記していたみたいです。双方研究範囲で進み21で明石四段が外していきました。僕はこんな展開は知らないので「あんまり時間を使ってませんね」とか解説してました。
以下わりと無難に進んでいきますが白が28手目でb2!これは黒にf4を簡単に打たせないことを狙いとしていて、これ以外ではかなり厳しくなってしまう好手でした。しかし明石四段の的確な打ちまわしによって、35手目h6で手を渡した時点で黒は若干有利に立っているようです。実況はまだ白に分があると思っていました。形勢判断は苦手です・・・

白38手目は悪手。おそらくずっと文化祭で打っていた影響もあって○g6→●f7の展開を必要以上に警戒してしまったのではないでしょうか。しかしいきなりc7から打ちこむと黒の右辺方向での処理が簡単になるのでやはり○g6での交換をはさむべきでした。以下41まで自然な流れで進んで(実際は石損でしたがすごく解説しにくいので割愛。左上連打は強いらしい)42は白の好手。盤面を広く見ないと打てない一手でした。46まで進んだ局面が下図です。

kurobann.png

黒番ですが最善はどこでしょう。時間が少なくなるとわりと基本的な手筋を見落としてしまうものです。
正解はa3です。白がはまると右上連打が成立するので一時的に逆偶数のようにふるまえます。これがとても大きく、黒が6石ほど勝っている局面でした。
実戦の手順は左下をハイパー偶数にしつつ中辺の石を確保する力技でした。これでも引き分け形勢なのですが終盤にはわけのわからない最善がつきもの(?)

owata.png

h2 +0
g7 -2
g8 -2
h1 -6

時間ないと打てるわけがない
一応考え方を説明しておくと、おそらくこんな(黒視点)
①h1とh2では、右辺のブロックを取られるのを前提に考えれば
 h1:5石返してg2が一石取り返される
 h2:6石返してg2、h2が取り返される
 というわけで石数に差がないこと。つまり左下連打の可能性をふまえるとh1で得になることはまずない。
→初手h2で損することはまずない(一応初手g7は例外でカウントしなくてはいけないが-2)。そしてf2の石が黒くなることが重要で初手でなくてはいけない理由になる。
②h2→h1の後は実質1択のg8。次の白がh7かa8の2択
③a8a7の交換を仮定して右下3個空きだけに絞って考えると
 ○h7→g7→h8は32石
 ○h8→g7→h7は31石・・・☆
④ここでa8→g7で右下ハイパーを作る発想に行きつく。たぶんここが一番難しい。ここで初手f2でCラインを通す意味が出てくる。白はすぐa7を打っても斜めを稼げないのでh8のあとに打つが、それで引き分け。
⑤初手g7は○a8→●a7と打たざるを得ないため☆の手順と同じ結末になるのでこれ以上良い手順はないことがわかる。

長々と書いて結局全部カウントしています。しかし最善を見つけるだけで結果がよく分からなくてもいいならば、この順に考えれば右下だけ数えるのと大差ないはず。すこしは楽かも。僕は終盤あまりうまいってわけじゃないんでもっとうまい解説あったら教えてください。
まぁ言いたいことは手順もさながらカウンティングがけっこう大変なので問題図で最善を打つのはなかなか難しいってことです。カウント遅い僕だと5分くらい欲しいです。

実戦は明石四段は間違えてしまいましたが、田坂は時間がないのに3秒くらい悩んでしまい最終手で針落ち!残念だったけどほんとによくがんばった!

ちなみに田坂は今日の交流戦でも2石勝ちの最終手針落ちを2回くらいやってました。狙ってるだろw


というわけで次回は大将戦の長野vs明石四段になります。かなり平凡な試合だったからあまり解説の余地もないかもしれませんが。とはいってもたぶん更新は試験後になるんで1週間以上あとになるはず。


Powered by FC2 Blog