プロフィール

othelloclub

Author:othelloclub
名門(迷門?)麻布学園オセロ部の活動報告書です
是非コメントしていってください!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中二の榎本です。
最終戦で最終手を打てず、針落ち負けし、優勝を逃しました。
うわああああああああああああん
優勝はきんぐ さんです。

結果 3-2 153石 6位 orz

最後、針落ちで0石になったのが痛かったです。
盤面は6石ほど勝ってました。
スポンサーサイト

部員紹介

初段を取ってから大会に出ていない部長の田村が、
新入部員の参考という名目の自己満足の為に、
現在のオセロ部員の紹介をしていきます。
大会会場では影を潜めている部員達の本性を知っていただきましょう。

中二~六段からバッタまで~
部員数は4人、各員オセロに熱心でよく大会に参加している。
というよりこの半年はこの代と山川氏しか参加していない…。
将来に期待が持てる代だが、何でこんなに…と頭を抱えるほどキャラが濃すぎるのが難点。
榎本と益田の暴走を小澤と小林が止めるというのが基本パターン

①榎本康熙六段~え?なんでですか?~
現在部内最高段位の持ち主…だが、部内では結構負ける。
大会と部内での棋力の差が著しい。大会補正+3.5段くらい?
しかしその大会補正も先の天王洲カップでは振るわなかったらしく、
「品川で3勝3敗とか、もう駄目だぁ!」とこぼしていた。
「空気が読めない」「1分前の世界を生きている」「自己実況」など、不名誉な肩書きを数多く背負う。
特に「空気の読めなさ」は凄まじく、我らが村上先生のブログのコメント欄で度々暴走している。
「ずるいズルイ、死ね死ネッ!」

②小澤巧1級~中二の良心~
クレヨンしんちゃんが人生のバイブル。他の中2の暴走を傍観している。
順調に棋力を上げていて、今年中に初段獲得は間違いない。
あまり特筆すべきことがないという、個々のキャラがヤバいオセロ部において逆に珍しいキャラ。
恐らくツッコミor制止キャラに成長すると思う…ってかしてくれないと困る。
クソボケカスダニ!

③小林嵩1級~THEピッツァ~
オセロ部に入って1年、アゴと首の境界に判別がつくようになった。
ピッツァと呼ばれる前からピッツァのTシャツを着てくるという自フリ。
榎本の暴走に諦めを抱いており、最近では「お前もういいよ」等とキツイ発言も目立つ。
上の代からすると最も信頼できるため、逆に上からの絡みも多い。未来の部長?
「ゲフッ」「ブギャッ」

④益田倫貴1級~飛べないバッタ~
中1夏合宿の某事件により、「バッタ」という愛称(蔑称?)が定着した不運なキャラ。
初めのうちは(中1だし当然ながら)嘆いていたが、この頃はそれを持ちネタにしつつある。
オセロ部外にも「バッタ」は広まっている模様。極度のゲーマー。
このキャラの定着により、オセロ部において緑色はバッタ色として専用の存在となった。
(ボードゲームにおいて)榎本とよく対立する。同族嫌悪か?
「いいですよ、バッタですよ。」「まーた榎本クンか」

次は中3+高1の予定

夏合宿のお知らせ

部長です。

今年の夏合宿は7月31日~8月4日の4泊5日で行います。
場所は湯河原、杉の宿http://www.suginoyado.com/

ゲストとして参加したい方、OBの方がいましたら、コメント欄もしくは大会で部員に直接表明してください。

終盤問題9 解答

中二の榎本です。
終盤問題9の方だけ解答を出しておきます。

  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+++
 3○○●○+○●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 ばったの言ったE3だと、E3→G2 で「終盤問題10」と同じ
形になってしまいます(下図)。すると、正解手を打てない限り勝て
ないので良くないです。僕もE3に打って撃沈しました。

  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+○+
 3○○●●●○●●
 4○●○●○●●●
 5○○●○●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 次に山川さん、小澤の考えたG2を見てみましょう。

  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+●+
 3○○●○+●●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 
  白 WZebra 6手+終盤14手 白番

 この手は小澤によるとH1を取られても、H2に入れないので大丈夫
らしいのですが、わざわざ隅を与える必要はないと思います。
G2→H1 のあとの最善は2手前の最善と変わらないので、
交換した分損、と言えます。
 では、その「2手前の最善」とはどこなのでしょうか?

     再掲
  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+++
 3○○●○+○●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 最善はB2!!
 B2⇒A1⇒B1⇒C1 と埋めます(下図)。

  ABCDEFGH
 1○○○○++++
 2○○○○○+++
 3○●○○+○●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 すると、 F2に打っても横が返らなくなります!
 もちろん黒F2。

  ABCDEFGH
 1○○○○++++
 2○○○○○●++
 3○●○○+●●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本
  白 WZebra 6手+終盤14手 白番

 これで白はG2かG7にしか打てないので黒の勝ちです。



 おまけ問題を出します。これは気が向いたら解答を書きます。

  ABCDEFGH
 1○○○○■■■■
 2○○○○○○○
 3○●○○○●●
 4○●○○○●●●
 5○○●○●●●●
 6○○○●●●●●
 7■■■●●●
 8■■■●●●●
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 前の局面からG2に打ったところ。最善以外でも勝てますが、
最善を考えてみてください。

 盤面に色を付けてみました。それについて感想を。



東京都予選

3-3で落ちました。
中二の榎本です。
期末&東京予選で暇はないはずですが・・・頑張ります。
  ABCDEFGH
 1++++++++
 2++++○●++
 3○●●○○○●●
 4○●●○○●○○
 5○●○○○●○○
 6○○●●●●○+
 7○+●●●●++
 8+●●●●●●+
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 ここでの最善はG2 です。タヌタヌ さん、正解です。
この手でF列も通るので、最後までブラックラインが切れず、黒勝ちになります。

 さて、問題を出します。正直難しいです。
2問目は自力で解けたらすごいです。

   終盤問題9
  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+++
 3○○●○+○●●
 4○●○○●●●●
 5○○●●●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

   終盤問題10
  ABCDEFGH
 1+++○++++
 2○+●○○+○+
 3○○●●●○●●
 4○●○●○●●●
 5○○●○●●●●
 6○○○●●●●●
 7+++●●●+●
 8+++●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 WZebra 6手+終盤14手

 終盤問題9は解けない問題ではないと思いますが、終盤問題10の方は難しすぎます。実戦には参考にならないかも。


終盤問題8

中二の榎本です。
 
  ABCDEFGH
 1++++++++
 2++++○●++
 3○●●○○○●●
 4○●●○○●○○
 5○●○○○●○○
 6○○●●●●○+
 7○+●●●●++
 8+●●●●●●+
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 最善はどこでしょうか?

終盤6、7 解答

中二の榎本です。解答を。
    1問目
  ABCDEFGH
 1++++++++
 2++○+++++
 3○○○○○○●●
 4○○○○○●●●
 5+●○○●○●●
 6●●●○○●●●
 7++●●○○+●
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 T見 五段

 この局面では、B2が最善です。この手にはきづい
たんですが、ついつい欲が出てG2に。頑張って先を読んだんで大丈夫
だと思ってしまいました。ちなみに、最善のB2の後は、
(B2→)H2→H1→A1→G8・・・・で+4です。

    2問目
  ABCDEFGH
 1○○○○○○○+
 2○●●●●●●+
 3○●●○●●●●
 4○●●○●●●●
 5○●○●●●●●
 6○●●○●●●●
 7○●●●○●+●
 8+●●●●●●+
  黒 榎本 
  白 T見 五段 白番

 さて、この盤面は、黒+7(ゼブラでは+8)なので、黒が間違えな
い限り黒は勝てます。その上、五個空き&ほぼ指定打ち状態 なので、
間違えるはずがないでしょう。したがって、
G7→H1→H2→H8→A8 となれば白が勝つことはできますが、
僕がそんなミスを犯すはずがないです。
 となると実戦はどうだったのでしょうか。

     実戦
  ABCDEFGH
 1○○○○○○○+
 2○◇◇◇◇◇◇☆
 3○●●○●●●●
 4○●●○●●●●
 5○●○●●●●●
 6○●●○●●●●
 7○●●●○●+●
 8+●●●●●●+
  黒 榎本 黒番
  白 T見 五段
    ↓↓↓
  ABCDEFGH
 1○○○○○○○★
 2○○○○○○◆◆
 3○●●○●●●●
 4○●●○●●●●
 5○●○●●●●●
 6○●●○●●●●
 7○●●●○●+●
 8+●●●●●●+
  黒 榎本 
  白 T見 五段 白番

  あ、あれぇぇえええ???

  ABCDEFGH
 1○○○○○○○●
 2○○○○○○◇●
 3○●●○●●◇●
 4○●●○●●◇●
 5○●○●◇●◇●
 6○●●○●◇◇●
 7○●●●○◇☆●
 8+●●●●●●+
  黒 榎本 
  白 T見 五段 白番



なんでラインが切れてるんだああああああああああ


 ・・・もうお分かりですね?白がH2を打ったときに
斜めを返し忘れている
んですよおおおおおおおおおおお

 H2の手でG3が返らなかったため、G2の石を返されて最後にA8
を打たれてしまったわけです。まあ、これは指摘できなかった僕が悪い
ので気にしないでください。


だってこれはオセロゲーム、騙しあいのゲームじゃないか!!


最後の最後に油断して負けてしまった自分が情けないです。
なんか無駄に長くなってしまいましたが気にしないでください。
部長、小澤 は っ ぴ い ば あ す で い!!
今日、部室で2人の誕生日パーティーが開かれました。
まあとーぜん誕生日と言えば誕生日プレゼントなるものが渡されるんですが・・・まあ学校が学校なんで必然的にネタに走ってしまうわけでww
小澤君には中2、高1からうまい棒130本セットww
さらに部長から手作りのうちわ・・・ってこれはガチでかっこよかた。
部長にはフィギュアのモトwいぇのもと曰く「怖くて見てられない」
らしいですが。。。
まあそんなこんなでいい1日でした。リコーダーのてすとがおわたのは気にしない気にしない。

あ、山川さん1位通過おめでとうございます。

負けオセロ 解答

中二の小澤です。そろそろ解答書こうと思います。

++++++++
++●●++++
○●●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○●●●○○++
++●+○+++
白番

問題のときにも述べたように負けオセロとは最終的に石の少ないほうが勝ち。
つまり相手に隅を取らせると有利になりやすく、それは自分が隅を取らなければ有利になりやすいとも言い換えられます。これを踏まえて考えて見ましょう。

この局面から考えられるのは
1 黒はほぼ手詰まり状態
2 白はうまく打てば黒に隅を強制的に打たせることができそう
 ということです。この2つをうまく配慮した手が榎本の言ってくれたB8です。

++++++++
++●●++++
○●●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○○○●○○++
+○●+○+++
黒番

次の黒はD8、F8、G8とありますが、
黒F8ならD8で、黒G8でもD8でA8に打たざるを得なくなります。なので黒はD8しかありません

++++++++
++●●++++
○●●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○○○●○○++
+○●●○○++ 黒D8→白F8
黒番

この後 榎本はこの盤面で「黒は右下に打っても手番がまわらないから黒はA8を取ることになる」
ということを言ってましたが、その手順だと白はH8に打つことになってしまいます。たとえば黒G8に打ってみましょう。

++++++++
++●●++++
○●●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○○○●○●++
+○●●●●●+
白番
もうおわかりかと思いますが、やはり白がH8に打つことになってしまいます。
ではどうすればよいのでしょうか?ここで余裕手であるA2に打ちます。

++++++++
○+●●++++
○○●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○○○●○●++
+○●●●●●+
黒番

これで黒はA8指定打ちになり、白勝ちになります。

よって答えは白B8です 
中二の榎本です。
ネタ局面があったので載せます。

    3回戦目
  ABCDEFGH
 1○●○○○○++
 2○●●○○○○+
 3○●○●○○○+
 4○○●○○○○○
 5○●○●○○○+
 6○○●●●○++
 7○+●●+★++
 8++++++++
  黒わし(TOT) さん  
  白榎本 白番  

 ある部員に薦められて、ブログ読んでます。
だからか、僕の目に餌が飛び込んできましたww

    3回戦目
  ABCDEFGH
 1○●○○○○++
 2○●●○○○○+
 3○餌○●○○○+
 4○○餌○○○○○
 5○●○餌○○○+
 6○○●●●○++
 7○+●●+★++
 8++++++++
  黒わし(TOT) さん  
  白榎本 白番

 『わんわん(σTOT)σいただきまぁ~~す』
 この言葉が頭から離れませんでしたwwwおかげで終盤間違いまくり
!!・・・なんとか勝つことができました。
 ちなみに餌を食べ損ないました。ブログ読んでなかったら引っかかってたかもw
中二の榎本です。
4回戦目で負け、しょk*1&スタミナ切れでその後まともにオセロが
打てなくなり(言い訳)、3勝3敗になってしまいましたorz
まとめると、、、
アドバンスト 榎本 3勝3敗 9位
チャレンジ 黒猫さん 2勝4敗 10位     です。
・・・中二の参加が少ないことはおいといて、
しょkてしまった4回戦から問題を出します(手抜き)
    1問目
  ABCDEFGH
 1++++++++
 2++○+++++
 3○○○○○○●●
 4○○○○○●●●
 5+●○○●○●●
 6●●●○○●●●
 7++●●○○+●
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 T見 五段

 最善はどこでしょうか?僕は深読みしすぎて24石損の手を打ってしまいました。

    2問目
  ABCDEFGH
 1○○○○○○○+
 2○●●●●●●+
 3○●●○●●●●
 4○●●○●●●●
 5○●○●●●●●
 6○●●○●●●●
 7○●●●○●+●
 8+●●●●●●+
  黒 榎本 
  白 T見 五段 白番

 この局面からどうやって僕が負けてしまったのでしょうか?
推理してみてください(謎)

 答えと一緒にしょkた理由を書こうと思います。

 *1…ショックの短縮形。初級1に住んでいるしょkごんから放出される。

終盤問題5 解答

中二の榎本です。小澤に代わって解答を書きます。
  ABCDEFGH
 1++○+++++
 2++○○○○++
 3●●○○○+○●
 4●●○○○○○●
 5●●○○○●○●
 6●●○●●●●●
 7+○+●●○+●
 8+++●●●++
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 実戦は小澤がG2を選択。結論を言うとこの手は2石損の次善手。評価値的にはたいして問題ありませんが、難しい局面になってしまいます。

  ABCDEFGH
 1++○+++++
 2++○○○○●+
 3●●○○○+●●
 4●●○○○○●●
 5●●○○○●●●
 6●●○●●●●●
 7+○+●●○+●
 8+++●●●++
  黒 小澤
  白 榎本 白番

 ここで白、B2かC7が良さそうですが、B2だとD1に打たれて、
A7→A8の連打が狙われてしまうので、先にC7→G8の交換を入れてからB2に打った方がいい。(C7後、D1も最善だが、相当ややこしくなるので無視)
           (C7→G8→B2)
  ABCDEFGH
 1++○+++++
 2+○○○○○●+
 3●○○○○+●●
 4●○○○○○●●
 5●○○○○●●●
 6●○○○●●●●
 7+○○○○●+●
 8+++●●●●+
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 この局面はD1でもF1でも+14ですが、結構難しく、打てないと
紛れてしまうので(次善手C8、まず打てない、次々善手A1、+2)
やはりG2の手は完璧とは言えないでしょう。
 では、どこが最善手なのでしょうか?

     再掲
  ABCDEFGH
 1++○+++++
 2++○○○○++
 3●●○○○+○●
 4●●○○○○○●
 5●●○○○●○●
 6●●○●●●●●
 7+○+●●○+●
 8+++●●●++
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 この局面では、いろんなことが考えられます。
 ①余裕手っぽいG8をすぐに打つとC8でストナーがかけられてしまう
 ②G8の後にH2を打てばF列が通るので白はF3に入れない
 ③白にC7を打たせてからB2でラインを通したい

 ②は、H2じゃなくてG2でも手数が稼げるから変わらないじゃない
か、と思いますが、G2に打ってしまうと、B2を打つときに横が返っ
てしまい、ライン通しができなくなります。要するに、H2の方がB2に打てる分1手得する、というわけです。
 この①~③を配慮し、考えられる最善は、
ストナーを食らわないようにG8を打ち、②と③の余裕手を放出するという手順でしょう。
 その「ストナーを食らわないように」するには、G8後にC8に打た
れないよう、先にC8を打ってしまえばいいのです。
 では打ってみましょう。
  ABCDEFGH
 1++○+++++
 2++○○○○++
 3●●○○○+○●
 4●●○○○○○●
 5●●○○○●○●
 6●●○●●●●●
 7+●+●●○+●
 8++●●●●++
  黒 小澤 黒番
  白 榎本

 これなら、白にA8を取られても、こっちが左下に打たない限り、
下辺を取られることはありません。「こっちが左下に打たない」という
ことは、同時に相手にたくさん余裕手を与えてしまう
ということになりますが、こっちには余裕手が3つもある
ため、余裕手の放出し合いで1手差で相手を詰めることができます。
 C8の手は、難しいですが打てればまず紛れることはないのでG2
より優れていると言えるでしょう。ちなみに黒+16です。
 過去最難の問題となってしまいました。この解答を読んで理解できれ
ば充分でしょう。

終盤問題5

中2の小澤です。今日榎本と打ってたら下記の怪しい盤面になりました。

++○+++++
++○○○○++
●●○○○+○●
●●○○○○○●
●●○○○●○●
●●○●●●●●
+○+●●○+●
+++●●●++
黒番

黒勝ってそうだけどぱっとしない盤面。勝負を決める最善手を見つけてください!

新入部員!!

3人の中1が入っていたオセロ部ですが、今日新たに4人も入ってきました!!これで計7人! しばらくオセロ三昧の日々が続きそうです。
今のオセロ部にはいい薬なのか??

さて、最近いぇのもとが終盤問題を更新しまくってるので、それに対抗して負けオセロの問題を出したいと思います。(え?
++++++++
++●●++++
○●●○●●●+
○○○●●●●+
○○○●○●●●
○○●○●●●●
○●●●○○++
++●+○+++
白番 うまく詰めて下さい。

ちなみに、負けオセロは最終的に石の少ないほうが勝ちです。
結構簡単な問題なんで是非コメントしていってください。

終盤問題4 解答

中二の榎本です。
対抗戦があったので更新が遅れました。

  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●++○○○++
 3●●○○○○○+
 4●○●○○○○+
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●○○
 7●+●○●●+○
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 小澤

 さて、この局面で正解に辿り着くために気づかなければならないことがあります。B2のライン通しの手です。
 この手のあとに白は、C列が通ってるためC2に打てないため、すぐにはラインを切れません。(下図)
 では、本当に白がラインを切ることができないまま黒が勝てるのかを見てみましょう。

  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●●+○○○++
 3●●●○○○○+
 4●○●●○○○+
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●○○
 7●+●○●●+○
 8+●●●●●++
  黒 榎本
  白 小澤 白番

 ここで、C2を打てるようにするためにB7、と打つのはやりすぎ
だし、その後C2に打てても、C1で再び通されてしまうので、ダメです。
 では、G7に打ったらどうでしょうか?

  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●●+○○○++
 3●●●○○○○+
 4●○●●○○○+
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●○○
 7●+●○○○○○
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 小澤

 ここでH8と取ったら、G8でラインが切られてしまうのでダメです
。しかし、G8とラインを通しても、H4で切られてしまい、ダメです
。(そのあとにF1でラインは通せますが、2石負けになってしまうそうです。)
 では、黒G8の後に白がH4に打てなくなるように、初手でB2に打つ前にH4→H3の交換を入れておきましょう。(下図)

     再掲
  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●++○○○++
 3●●○○○○○+    黒H4→白H3
 4●○●○○○○+
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●○○
 7●+●○●●+○
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 小澤
    ↓↓↓
  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●++○○○++
 3●●○○○○○○   そして黒B2。白はB7だと同様に
 4●○●●●●○○  ダメなので、G7。そして、黒G8で切る 
 5●●●○●○●○  。
 6●●●●●●○○
 7●+●○●●+○
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 小澤
    ↓↓↓
  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●●+○○○++
 3●●●○○○○○
 4●○●●●●○○ 
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●●○
 7●+●○○●●○
 8+●●●●●●+
  黒 榎本
  白 小澤 白番

見ての通り、完全に詰んでます。黒18石勝ちの形勢です。
ちなみに、黒B2→白G7→黒H4→白A1→黒H8・・・・でも
黒2石勝ちですが、非常に難しい終盤となるので、正解とは言えないでしょう。
  正解はH4、H3、B2でした。
 

リベンジ成功!!

いぇのもとにパスられてしまったので書きたいと思います。
と言いたいところなんですが試合中にキフスター(自動棋譜採取ソフト)のご機嫌を完璧にそこねてしまい、ほとんど棋譜が取れていませんorz
なので唯一棋譜がちゃんと取れている6試合目だけ載せたいと思います。
麻布2対GORO3でここで勝たないと後が苦しい状況で始まりました。
麻布が黒、お互い序、中盤で差が付かず、互角のまま終盤にもつれ込みました。5分持ちのせいか終盤では何度か形勢が変わり、勝敗を決めたのがこの盤面。
++○○○○++
++○○○○★+
○○○●○●●+
○●○●●○●●
○○●●○●●+
○●●●○●○○
●●●●●○○+
○○○○○○○+
白番です



正解はh5! h1だと黒に1個あきを保存される展開になり、逆偶数にはまってしまう展開になります。ここで差が付き麻布側が勝利。

一応棋譜載せときます。
5756424130385850
6059282737444955
3624030425083354
2926050000063143
3517140000011353
3415160209071222
4745181110214052
4639322320194851
まあ今回勝ったのはなんといっても4戦目で勝ったことでしょう。ww
いや榎本が負けなかったからかw

まあこんなことは人数が集まらないとそもそも出来ないんで、忙しい中来て頂いて本当に助かりました。関係者のみなさん本当にありがとうございました。また開催したいですね。今度こそは麻布の中1も全員つれてきたいです。

第2回対抗戦

中二の榎本です。
昨日はGOROと対抗戦をしてきました。今回は中二以外の参加も多く、8対8、と盛り上がりました。
    今回も棋譜とってないからたぬぽんよろしく

今回の形式は5分持ちで大将戦だけ10分持ち。

1回戦目 長野vsうに2級
名前が欠けてるのは勘弁してください。
長野とは開始前に2局ほど打ちましたが、2局とも負けそうになりました。強くなってます。
結果は長野の50石(くらい)差勝ち。すごい、の一言です。他の中一も負けないように頑張ってください。

2回戦目 小澤vsT田四段
まだ2回戦目なのに有段者対決。
結局、小澤の時間がなくなりだして終盤ミスって2石負け。
本当に際どい内容でした。

3回戦目 益田vsN藤1級
得意のフラット&相手の返し忘れで有利になるが逆転負け。
その前の臨海CCで力を使い切ったっぽい。

4回戦目 小林vsこしあん二段
これで負けると一気に苦しくなる・・・なんでこしあんさんなの???
僕に「これは交流戦だから楽しんでいこう」的なこと言いましたよね?? 勝つ気満々じゃないですかぁぁぁ・・・・・!!!
小林が勝ってくれました!!!これで2-2でこっちには山川さんもいるため麻布有利に。

5回戦目 森川斉藤さんvsてばさき1級
高1の方の斉藤さんです。・・・ってあと3勝してもらわないと僕に回ってしまうんですよね?やだああああああああ
20石差くらいで負け。これで僕が負けると麻布の負けになってしまいます。

6回戦目 山川さんvsT信二段
T信さんは麻布OBの方。ちゃんと観戦するべきだったと後悔してます。(なぜかTrans europeの話をしてました)
山川さんが勝ってくれました。これで3-3。

7回戦目 名古屋さんvsK2初段
消化j・・・になってしまいました。(この結果に関係なく大将戦で勝った方が勝ちになるので)K2さんが勝って3-4で大将戦に。

8回戦目 榎本vsかつお初段
これで負けたら次から対抗戦気まずくて参加できません。
色は前回と同じ黒で快速船からスタート。
中盤で一気に有利になり、+40まで詰めますが・・・なぜかその後悪手を打ちまくり10石差になってしまいました。

ところで、小澤は明日用事あるから早く寝たい、って2回戦目になったけど最後までいたよね・・・
もしかしてライアーゲーム見たかっただけ???

りんかいCC

1ヶ月ほど負けオセロぐらいしかしてなかったんで、力を戻すため中2の小澤・益田と一緒に大会に行ってきました。

一戦目 K林初段
因縁のK林対決(謎。僕が黒で、一応持ち定石の兎本定石になりました。終盤相手のミスに救われ勝利。

二戦目 K林二段
これはきっと仕組まれてるんだあああと言わんばかりの2戦連続K林さんとの対決ww
これは負けるわけにはいかねーとか思いつつ、白になり快速船になると思いきや飛行機・・・知るかアア(`Д´)
さて読むか・・・読m・・・y・・・詰みましたが何か?
自分の力が衰えているのを痛感しましたorz

三戦目 O野二段
頑張ったんです。頑張って読んだら時計はENDになってたんです。orz

四戦目 H山1級
テンションがめっちゃ低かったんでマロトラップを打ち出す始末(え?当然かかってもらえず、不利な序盤でスタートしましたが、どうにか挽回。

五戦目 I原三段
++○+++++
+++○○○++
++●●○○+●
++●●●○○+
++●●●○○○
++●○○●●+
+++○○●++
+++●●●●+
小林黒 黒番です。
・・・個人的にはめっちゃ不利だと思ってたんですが、ゼブラネ申によるとあんまり差ついてないらしいです。最善はどこでしょう?



正解は・・・c8!まあ上辺は手に手をつけると左辺に手がつけにくくなり、左辺はきれいなつけ方がないからなんですかね。とはいってもきれいな手ではないので打ちにくいですが。

ここが打てずにじりじり敗勢になっていき、負け。

六戦目 N山1級
小林白で兎。序盤緩手をうちまくってかなりきつくなり、戻ったと思いつつも・・・ってとにかく負けたんです。ハイ。まあ終盤にまぎれる方を打てなかったのがいけなかったのかも知れません。

小澤と益田は生命共同体のようにぴったりくっついてテーブルを移動してました。小澤に付いていけているあたり益田に越えられてしまったようですorz しかし2人とも最後でこけて昇段を逃していました。

順位 小澤9位/21人
   益田11位/21人
   小林16位/21人 (TOT)

あと30分で対抗戦だ。

終盤問題4

中二の榎本です。またまた問題を。

  ABCDEFGH
 1++++○+++
 2●++○○○++
 3●●○○○○○+
 4●○●○○○○+
 5●●●○●○●○
 6●●●●●●○○
 7●+●○●●+○
 8+●●●●●++
  黒 榎本 黒番
  白 小澤

 最も簡明に勝てる手順を答えてください。
 比較的易しい問題です。
というわけで、前回無様に敗退してしまった借りを返すべく、第二回対抗戦の開催が決定いたしました。(謎
日程は今週の土曜夜10時からです。
場所は上級1で、大将戦が10分持ち、他が5分になりました。
何か質問があったらコメント欄にお願いします。

終盤問題3 解答

中二の榎本です。解答を発表します。
  ABCDEFGH
 1+●●●●●●●
 2+●●●●●●○
 3○○●●○●●○
 4○○○●●●●○
 5○○●○●●●○
 6+●○●○○●○
 7●+●○○○+○
 8○○○○○○○○  白番

 ちなみにこの局面は3ヶ月ほど前、ネットで出てきたものです。
ここで白は、すぐにA2に打ってG7を狙わないと黒に先にG7に打たれてしまい、足りません。なので、答えはA2。その後の手順は黒は
G7に打つことよりも逆偶数を優先し、A2→A6→G7→B7→パス→A1で引き分けとなります。ちなみに、A2の後、G7なら白A6で
A1とB7を見合いにして勝てます。

  ABCDEFGH
 1+●●●●●++
 2●+●○●●++  
 3●●●●○●●●
 4●●●○○○●○
 5●●○●●○●○
 6●○○●●●○○
 7○○○○○○○○
 8●●●●○○○○  白番

 この局面は益田が昇級した時のシーサイドOPの6回戦目、
対Y口三段との対局で出てきました。
 ここで僕はあまり深く考えずにA1打ってしまいましたが、G2が
最善で、もし次の黒がH1なら、H2→A1→G1→B2の4連打、
H2でも、A1→B2→G1→H1で4連打になり、2石ほど多かったそうです。
 この問題、なぜか小林と益田に簡単だ、って言われてしまいました。
・・・え???簡単??? 僕以外にも間違えた有段者いるのに、、、
まあ、これは級位者のみが分かる特殊な問題なのだろう(謎)    

終盤問題3

中二の榎本です。
多摩体*1だったので部活を休み、することがないので問題を出します。
今回出す問題は3ヶ月ほど前に出そうと思っていたところ、
  小澤にボツにされた問題
なので、あんまり期待しないでください。五個空きの問題なのでやさしめですが、練習になると思います。それでも分からなかったらコメント欄のヒントを見てください。でも、決して
  小澤は見ないように
 数える系の問題なので、有段者はもちろん、腕に自身のある方はできるだけ短時間で読みきるように心がけてください。僕は解いてないから分かりませんが、1分くらいが目安でしょう(たぶん)。

  ABCDEFGH
 1+●●●●●●●
 2+●●●●●●○
 3○○●●○●●○
 4○○○●●●●○
 5○○●○●●●○
 6+●○●○○●○
 7●+●○○○+○
 8○○○○○○○○  白番

 もう一問あったので載せます。どこでも勝てますが、一応最善を見つけてください。僕は間違えてしまいました。

  ABCDEFGH
 1+●●●●●++
 2●+●○●●++  
 3●●●●○●●●
 4●●●○○○●○
 5●●○●●○●○
 6●○○●●●○○
 7○○○○○○○○
 8●●●●○○○○  白番 

終盤問題2 解答

中二の榎本です。
「終盤問題2」をまだ解いてないのなら見ないでください。
では解答を。今回も長めにしようと思います。

   2回戦目
  ABCDEFGH    
 1+○+●●●●+  
 2+○○●●○+○ 
 3+○○○●●○+  
 4●○●○○●●●  
 5○○○●○○○● 
 6●○●●●○○●  
 7++○●●●++ 
 8++++●+++  
  黒 榎本 黒番
  白 M本 四段

 さて、「今回のテーマは『連打』です。」って僕のヒントに「それだと簡単すぎる」と小澤からクレームが入りました。でもこれ、
       「ヒントがないと逆に難しすぎる」
ような気がします。とは言ってもき●ぐさんに即答されましたが・・・
 
 さて、解答に移ります。この局面で最初に思いついたのは、
 H3→H7→C1→H1→G2 でした(下図)。

  ABCDEFGH    
 1+○○○○○○○  
 2+○●●●●●○ 
 3+○●○●●●○  
 4●○●○○●●○  
 5○○○●○○○○ 
 6●○●●●○○○  
 7++○●●●+○ 
 8++++●+++  
  黒 榎本 
  白 M本 四段 白番
 
 しかし、これだと黒、中に石を稼げるんですが、
      
     「2辺も取られる上にそのまま偶数」
 
 で勝てるはずがありません。そう実戦でも考えたはずなのですが、結論が出せずに時間に追われて打ってしまいました。よくこういうミスがあります。あともう少しで最善にたどり着けてたのに・・・・
 というわけでH3はダメです。他の手を見てみましょう。

     再掲
  ABCDEFGH    
 1+○+●●●●+  
 2+○○●●○+○ 
 3+○○○●●○+  
 4●○●○○●●●  
 5○○○●○○○● 
 6●○●●●○○●  
 7++○●●●++ 
 8++++●+++  
  黒 榎本 黒番
  白 M本 四段

 この次に僕はC1→H1→H7でラインがきれいに通り、
        「G2にもH3にも打てない!」
 という珍手を発見しました(下図)。(こし●んさんも気づきました)

  ABCDEFGH    
 1+○○○○○○○  
 2+○●●●○+○ 
 3+○●●●●○+  
 4●○●○●●●●  
 5○○○●○●○● 
 6●○●●●○●●  
 7++○●●●+● 
 8++++●+++  
  黒 榎本 
  白 M本 四段 白番

 見つけたときには感動しましたが、普通にD8で(最善はA3ですが)ラインが切れてしまうのでダメです。

 ・・・・・2・3分くらいたってG7もあるんじゃないかと気づきました。

  ABCDEFGH    
 1+○+●●●●+  
 2+○○●●○+○ 
 3+○○○●●○+  
 4●○●○○●●●  
 5○○○●○○●● 
 6●○●●●○●●  
 7++○●●●●+ 
 8++++●+++  
  黒 榎本 
  白 M本 四段 白番
 
 この手は一見、無意味なX打ちに見えますが、この手によってG5の石が消え、
  相手がC1に打てなくなり、A1→C1の連打が可能になる!!
 ということまでは気づけたんですが、白H8の後、すぐに隅に打てないので
  「黒がA1を打つ前にA3に打たれてしまい、連打が成功しなくなる」(A3に打たれたあとのA1だと、C1に(斜め一石返しで)打たれてしまう)
  と勘違いしてしまいました。普通に白H8のあと、A3でラインを切れば(下図)、連打が成功します。

 2回戦目
  ABCDEFGH    
 1+○+●●●●+  
 2+○○●●○+○ 
 3●●●●●●○+  
 4●●●○○●●●  
 5○○●●○○●● 
 6●○●●●○●●  
 7++○●●●○+ 
 8++++●++○  
  黒 榎本 
  白 M本 四段 白番

 これなら、相手はA3に打てないし、A3に石を作るためにA2に打ったとしてもA1と取られて消え、C1には入れません。
 
  よって G7→H8→A3   が正解!!

      

  
  






 

終盤問題2

中二の榎本です。
今日は小澤、益田、榎本の3人でシーサイドOPに出てきました。
結果をまとめると・・・
  榎本 4勝2敗 11位/44人
  小澤 3勝3敗 17位?/44人
  益田 3勝3敗 28位?/44人 →1級に昇級!
             です。益田おめでとう。
 さて、大会はこれくらいにしておいて終盤問題に入ります。

    2回戦目
  ABCDEFGH    
 1+○+●●●●+  
 2+○○●●○+○ 
 3+○○○●●○+  
 4●○●○○●●●  
 5○○○●○○○● 
 6●○●●●○○●  
 7++○●●●++ 
 8++++●+++  
  黒 榎本 黒番
  白 M本 四段

 黒番です。黒に勝ち筋はありませんが、最善を見つけてください。
僕は、その手に気づきはしましたが、時間がなく、読みが足らず却下してしまい、16石負けになってしまいました。
 これは残り空き数的に終盤問題じゃないかも。でも良問であることは保障します。   手抜きって言わないでね。
      

終盤問題1 解答

中二の榎本です。分かりやすく説明したから中一も読もう!
なぜか交流一に入れないので、問題の解答を。
-------いろいろあってここまで書くの3回目--------
まだ問題を解いてない方は1つ下の「終盤問題1」を読んでください。
では解答に移ります。

  ABCDEFGH    
 1+●●●●●++  
 2++●○○○○+ 
 3○●●○○○○○  
 4●●○○●●○○  
 5●●●○●●○○ 
 6○●●○○○●○  
 7++●○○●++ 
 8+●●●●●++  
  黒 榎本      
  白 小澤 白番

 さて、たぬぽんが文を盤面の下に書くよう勧めてきたので今回は
そうしてみます。(ただ、目を上下に動かすと疲れると思うんですが・・・)
 こういう盤面で、白が大差で勝つためには、

 ①黒にA2もしくはA7を打たせて、隅→☆ と連打する必要がある

 と考えることと、

 ②右側の空きが合計7個空き、つまり奇数空きである

 ということに気づければ正解に辿り着けるでしょう。(たぶん)

    再掲     
  
  ABCDEFGH  
 1+●●●●●++  
 2++●○○○○+ 
 3○●●○○○○○  
 4●●○○●●○○  
 5●●●○●●○○ 
 6○●●○○○●○  
 7++●○○●++ 
 8+●●●●●++  
  黒 榎本     
  白 小澤 白番

 つまり、考えをまとめると、
 
 ①+②=左側の空きのどちらかを連打するために、右側の奇数空きに打って相手に手を回し、A2あるいはA7に打たせる。(そして連打)
 
 ということです。(余計にややこしくなったかも)
 ここで、右側で打てるのは3箇所ですが、消去法でH7が最善です。

  ABCDEFGH  
 1+●●●●●++  
 2++●○○○○+ 
 3○●●○○○○○  
 4●●○○○●○○  
 5●●●○●○○○ 
 6○●●○○○○○  
 7++●○○●+○ 
 8+●●●●●++  
  黒 榎本 黒番    
  白 小澤 
 
 ここで黒が右上の連打を狙ってG1に打ったら、B7とラインを
通してしまえば勝ちです。(もしくは、①+②の考えからG7と対応
してもよい) また、ラインを通されるのを嫌って黒がH1に打って きたら(下図)、G1、H2、G7と打てば①+②を成功することが でき、白勝ちです。
 
 ABCDEFGH  
 1+●●●●●+●  
 2++●○○○●+ 
 3○●●○○●○○  
 4●●○○●●○○  
 5●●●●●○○○ 
 6○●●○○○○○  
 7++●○○●+○ 
 8+●●●●●++  
  黒 榎本     
  白 小澤 白番

 ここで、偶数理論を優先し、白G7に打ってしまうと、
 H2、G1でG列が真っ白になり黒にG8→H8と連打されてしまうので要注意です!(それでも白+10、最善(G1)は+20)

 よって、正解はH7です。ちなみに初手、B2やB7だと、+2、+4になってしまいます。
 今回のテーマは「連打」でした。できるだけ分かりやすいように書いたんで(暇だったから)「うざい」と思った方が大半でしょうw

 これで終わります。僕の暇つぶしに付き合ってくださって誠に有難うございました 謎   無事に投稿できますように。
 





   

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。