プロフィール

othelloclub

Author:othelloclub
名門(迷門?)麻布学園オセロ部の活動報告書です
是非コメントしていってください!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


問題答え

益田です。前回の問題の答えを載せたいと思います。

問題1

●明石 ○小澤 黒番
●明石 ○小澤
黒番です。勝ちを決める一手はどれでしょう。

この問題のポイントは逆偶数です。右下の白から打てない3個空きをうまく使うことが重要です。
そうなると右上の奇数空きから打っていくのが正着のようです。
盤面は省略しますがG4から打つと●G4→○H3→●H2→○H1で右上三個空きに打てず、またH3から打つと●H3→○G4で右上5個空きに打てなくなってしまいます。しかし、G2なら●G2→○H1→●G4→○H3→●H2→○G1→●F1と右上の奇数秋を打ち切れます。(下の図)

●G2→○H1→●G4→○H3→●H2→○G1→●F1まで

こうなれば完全に逆偶数で黒の10石差勝ちです。
ぷより気味の人さん正解です。

問題2

●うに ○たぬぽん 白番
●うに ○たぬぽん
白番です。最善手はどれでしょう。

ここでの最善手はズバリB7です。B7にうつと右下の黒は打てない空きをスルーしつつB列の中辺とF2~B6のCラインを通すことができます。
○B7!!
これにより右下の黒から打てない空きを守りつつ、6石差の盤面に詰めることができます。
スポンサーサイト

問題解答~

毎回味気ない題名ですんません(苦笑


問題

+○+●●●●+
++○○○●+●
++●○●●●●
++●●●○●●
++●○○●○●
+++○○○●●
+++++○+●
+++++○++


●番です。




正解の手順は・・・

●B3→○A3→●C7→○D7→●B4 です。


問題の局面において、下側で手番を渡すのは少し難しそうですね。
なので、消去法気味にB3。

以下、●B3→○A3


+○+●●●●+
++●○○●+●
○○○○●●●●
++●●●○●●
++●○○●○●
+++○○○●●
+++++○+●
+++++○++


●番


このまま●B4と左側に打てばよさそうなのですが、○A4と打たれると・・・


+○+●●●●+
++●●○●+●
○○●○●●●●
○○○○○○●●
++●○○●○●
+++○○○●●
+++++○+●
+++++○++


●番

このまま左側に打ち続けたいのですが、●B5を打ってしまうと、2列の中辺が真っ黒になってしまい、○B2が打ちやすくなってしまいます。
右上が連打形なので、○B2を打たれるのはなかなかにキツイ。

つまり、左側で手を回しきるのは難しいということになります。


再掲

+○+●●●●+
++●○○●+●
○○○○●●●●
++●●●○●●
++●○○●○●
+++○○○●●
+++++○+●
+++++○++


●B3→○A3 後

そこで、先に●C7を挟むんです!


+○+●●●●+
++●○○●+●
○○○○●●●●
++●●●●●●
++●○●●○●
+++●○○●●
++●++○+●
+++++○++


これで4列が黒一色となるため、○D7→●B4後、白の有効な手がなくなり、白の上辺着手を強いることが出来るんですね。


+○+●●●●+
++●●○●+●
○○●○●●●●
+●●●●●●●
++●○●●○●
+++○○○●●
++●○+○+●
+++++○++


白の手が・・・の図


それではー。^・ω・^。)

やすひろのオセロ

こんばんわー 。^・ω・^。)タヌポンです。



昨日、漫画家のおおひなたごう先生がオセロ部に来てくださいました!

近々オセロ漫画を描かれるそうで、今回はそのための取材とのこと。

競技としてのオセロが広まるきっかけになるといいですねー


部員一同、陰ながら応援しております。






さて、前回の解答です。


問題1


+++++○++
+++○○●+●
+○○○○○●●
+○○●○●●●
++○○○●●●
++○○○●++
+++○○●++
++++○●++


●番です


●としては左側の壁を破らずに引っ張りきりたいところですが、残念ながら上辺・下辺ともに有効な手は見当たりません。



ここでの好手はB5です。

一見するとあきらめて壁を破ったように見えますが、●B5はE1を狙っているんです。

+++++○++
+++○○●+●
+○○○○○●●
+○○●○●●●
+◆◆◆◆●●●
++○○○●++
+++○○●++
++++○●++


●B5


○の左辺着手に対して●E1と打つことで、 G1~B6 間のミニラインが通るわけです。


++++●○++
+++○●+●
+○○○○●●
+○○●●●●
+○●●●●●
○+○○○●++
+++○○●++
++++○●++


○A6→●E1


この後、○D1の取りに対して ●C1→○B1→●C2 と打つことで、手番を渡すことが出来ます。

+○○○○○++
++●●○●+●
+○●●●○●●
+○●●●●●●
+○●●●●●●
○+○○○●++
+++○○●++
++++○●++


次、○番


○はH6でミニラインを切ることが出来ますが・・・

+○○○○○++
++●○○●+●
+○●●○○●●
+○●●●○●●
+○●●●●○●
○+○○○●+●
+++○○●+●
++++○●++


○H6→●H7


●G2があるため、○はG1が温存できません。
よって、 ○G1→●G6 と進み、●優勢になります。




問題2


++○○○○++
++●●○○++
○○○○○○+○
○○●○●○○○
○●○●○●○○
○○○○○○○○
++○●○○+○
++●○○●++


●番


右上の5個空きをうまく利用し、○にG8を打たせれば勝てるわけですが、現時点で右上への有効な着手はありません。

なので、まずは右上を狙うために●B7を打ちます。

以下、●B7→○A8→●B8→○A7


++○○○○++
++●●○○++
○○○○○○+○
○○●○○○○○
○●○○○●○○
○○○○○○○○
○○○○○○+○
○●●○○●++


●番


ここで●G3と打ち、逆偶数にはめて●勝ち・・・・・のように見えますが、それは敗着。

●G3に対して○G2と応じられることで、またしても右上に有効な手がなくなってしまいます。

++○○○○++
++●●○○○+
○○○○○○○○
○○●○○●○○
○●○○●●○○
○○○●○○○○
○○●○○○+○
○●●○○●++


●番

ちなみに、●H2は最終的に○G1でラインが通ってしまうため、有効な手ではないようです。



再掲


++○○○○++
++●●○○++
○○○○○○+○
○○●○○○○○
○●○○○●○○
○○○○○○○○
○○○○○○+○
○●●○○●++


●番


というわけで、 ●G3→○G2 後に●G1が打てるよう、 ●B2→○A1 をはさんでおく必要があるんです。

○+○○○○++
+○●●○○++
○●●●●●●○
○●●○○●○○
○●○○●●○○
○○○●○○○○
○○●○○○+○
○●●○○●++


●B2→○A1→●G3


これで、最終的に○G8を打たせることが出来るため、●勝ちとなります。


よって答えは、

●B7→○A8→●B8→○A7→●B2→○A1→●G3です。

○の応手は、●が間違えやすいであろう手を優先しているため、最善でないものも含まれますがご了承くださいー


それでは。^・ω・^。)
東関東の予選に行ってきましたー


結果は2勝と振るわずでしたが、内容は悪くなかったのでまあ良かったかな、と。

ちなみに、うちの部からは長野二段がフリークラスに通過しました。ガンバッ!



実戦からいくつか問題ですー

問題1

+++++○++
+++○○●+●
+○○○○○●●
+○○●○●●●
++○○○●●●
++○○○●++
+++○○●++
++++○●++


黒番です。最善はどこでしょう。
3手とその後の構想って感じですかね。


問題2

++○○○○++
++●●○○++
○○○○○○+○
○○●○●○○○
○●○●○●○○
○○○○○○○○
++○●○○+○
++●○○●++


同じく黒番。7手先まで読んでください。
数える盤面というよりは、きちんと勝てる局面に持っていく感じですー


解けた方は是非コメントしてってくださいー。^・ω・^。)

問題解答

もうすぐ全日本の予選ですねー

今年はちょうどモチベーションが高い時期に当たったので、是非出たいと思っとります。
うちの部からは、僕のほかに榎本六段と長野二段が出るみたいです。


さて、前回の解答。

問題1

++○○○●●●
○+○○●●●○
○○○●●●○○
○○●○●●○○
○●●●○○○○
○○●○○○○○
○+○●+++○
+○○○○○++


黒番



勝ちは決定したようなものですが、こういう盤面ではきれいに勝ちたいものです。

ぱっと見、H8からげしげし削っていけばよさそうなのですが、実はきれいな連打筋があるんです。




正解はB7 B7→E7は確定進行なので、とりあえず打ってみましょう。

++○○○●●●
○+○○●●●○
○○○●●●○○
○○●○●●○○
○●●●○○○○
○●●○○○○○
○○○○○++○
+○○○○○++


ここで A8→G8→H8→G7→F7 と打つことで、下部を全連打することが出来ます。

連打後は B1→B2→A1 とかで左上の空きを埋めればよさそうなのですが、実はその手順だと石損なんです。実際に下部を連打してみましょう。


++○○○●●●
○+○○●●●●
○○○●●●●●
○○●○●●●●
○●●●○●●●
○●●○●●●●
○●●●●●●●
●●●●●●●●


A8→G8→H8→G7→F7


さて、どうでしょうか。なにやらB1~H7のCラインの様子が・・・・・・

そうなんです。Cラインが通るので、 B2→B1→A1 と左上の空きも連打できちゃうんですね。

++○○○●●●
○●●●●●●●
○●●●●●●●
○●●●●●●●
○●●●●●●●
○●●○●●●●
○●●●●●●●
●●●●●●●●


Cラインが通るの図



というわけで、 B7→E7→A8→G8→H8→G7→F7→B2→B1→A1 (8連打で63-1.手順前後進行アリ)が正解でした。
しょうがくさん、大正解です。コメントありがとうございますー




問題2

+●●●●●++
++●○●●+●
○●○○●○●●
○●○●○○○●
○○○○○○●●
○●●●●●●●
○●●●●●++
●●●○●●++


黒番


さっきとは打って変わって数えゲーです。

なんだかG2で通しちまいたくなりますが、G7でラインを切られ、偶数で負けてしまうそうなので割愛。白が案外稼げずに-2なんですけどね。


残るは2手・・・なのですが、実はコレ、両方引き分け。><

実は両方とも右下のハイパー偶数を生かす進行なので、とりあえずA2を打ってみます。

+●●●●●++
●+●○●●+●
●●○○●○●●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++


白番


白は、右下のハイパー偶数を崩すために、H7なんかを打っちゃいたいところ。
しかし、 H7→H8→G2→G7 でG8を打たされて、G1+H1の連打を食らってしまいます。


+●●●●●++
●+●○○○○●
●●○○●○○●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●○●●+●


あれ?連打されちゃう の図



再掲


+●●●●●++
●+●○●●+●
●●○○●○●●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++



というわけで、白は普通に奇数空き着手のG2


+●●●●●++
●+●○○○☆●
●●○○●○○●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++



一見すると、黒はH1に着手してもB2に着手しても、奇数空きを温存しつつH7でハイパー偶数を崩されてしまうので違いはなさそうです。とりあえず、H1に打ってみましょう。


+●●●●●○●
●●●○○○○●
●●●○●●○●
●●○●●○○●
●○○●○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++


H1→G1→B2


ここで白は「奇数空きを温存しつつハイパー偶数を崩す手」であるH7を打ちます。


○○○○○○○●
●○●○○○○●
●●○○●●○●
●●○○●○○●
●○○●○○●●
●●●●●●○●
●●●●●●+●
●●●○●●+●


H7→H8→A1 


なのですが、これだと33-31で白勝ちなんです。




再掲

+●●●●●++
●+●○○○○●
●●○○●○○●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++



実は、ここで黒H1ではなく、B2に打つのが正解なんです。


+●●●●●++
●★●○○○○●
●●●○●○○●
●●○●○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●●●
●●●●●●++
●●●○●●++



ここでも、白はA1の奇数空きを温存し、左下のハイパー偶数を崩すH7を打ってきます。
H7→H8→A1 と進みます。


○●●●●●++
●○●○○○○●
●●○○●○○●
●●○○○○○●
●○○○○○●●
●●●●●●○●
●●●●●●+●
●●●○●●+●


黒番


ここで改めてカウンティングして見てください。


ここで H1→G1 と打つと、前述のと全く同じになり、33-31で白勝ちです。
しかし、G7と打つことで、白G8の後に黒H1を打つため、D5の石が黒になり、よりも一石増えるんです。


○●●●●●+★
●○●○○○★●
●●○○●★○●
●●○○★○○●
●○○★○○○●
●●●●○●○●
●●●●●○○●
●●●○○○○●


G7→G8→H1



よって ●A2→○G2→B2→H7→H8→A1→G7→G8→H1→G1 で引き分けです。
右上の空きを埋める前に、白にとって温存しなければならない一個空きを作ることで、ハイパー偶数である右下を右上よりも先に埋めさせ、一石多く稼ぐ という問題でした。

ちなみに、●B2→○G2→A2→H7→H8→A1→G7→G8→H1→G1 でも引き分けだそうです。
左隅の奇数空きを埋める順番が違うだけみたい。


長くて申し訳ありません。それでは。^・ω・^。)